カートをみる 会員登録はここから&会員ログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

全国送料無料!代引手数料無!ポイント還元! コンビニ払 カード払 銀行振込み  

HOME > Q&A

よくある質問:Q&A

Q&A:よくある質問

愛飲者からよくある質問を一般的な簡易解説として記述したもので、医療における処方ではありません。以下、「超ミネラル創水泉力」を「泉力」と呼称します。

Q:泉力の飲み方は?

A:泉力はストレートでお飲みになるほうが吸収率はよいと云われていますが、酸味がありますので飲みづらい場合は数倍に薄めてお飲み下さい。薄める水は水道水で問ありません。できれば軟水のミネラルウォーターをお勧めします。(硬水は沈殿を起こす場合があります。)

Q:泉力は何から、どうやって作るのですか?

A:自然の鉱物(阿武隈山塊花崗岩)から特殊な製法で抽出した100天然のミネラル(微量元素)を、身体に吸収しやすくするため完全にイオン化して作った水溶液です。

Q:妊娠中でも飲めるのですか?

A:勿論です。母子ともに健康を保つため多くの方がご愛飲されています。

Q:泉力を加熱するとどうなりますか?

A:沸騰させても泉力に含まれているミネラルは微量元素ですので、分解変化する事はございませんが、加熱することによりミネラル同士の反応で褐色になる場合があります。特に飲用には問題ありませんが吸収率が悪くなる場合があるようです。

Q:子供が飲むことはできますか?

A:基本的には大人と同様に飲むことができます。

Q:水で薄めた泉力の“作り置”きは大丈夫ですか?

A:薄める水によっては沈殿が起こる場合がありますので、できれば飲む時に薄めることをおすすめします。

Q:賞味期限と保存方法は?

A:泉力に入っている成分は無機質なので理論的に賞味期限はありませんが、未開封で冷暗所に保存されている状態では2年が目安とされております。開封後は出来るだけ早く飲用されることをお勧めします。直射日光をさけ、冷蔵庫で冷やすと一段と美味しくいただけます。

Q:植物ミネラルとの違いは?

A:植物は根の先から根酸を出し、土壌の中の鉱物を溶かしてミネラル分を吸収しています。一般的に植物ミネラルは、鉱物由来品より吸収率がいと云われていますが、植物自身が生きていくために吸収している量なのでその絶対量は少なく、人の健康を保つほどの量ではありません。

“泉力”に含まれているミネラル(微量元素)は、市販のミネラル水に比べ、ミネラルの種類と含有量が格段に多く、完全にイオン化されていますので、収率は更に良くなっております。

Q:泉力はどんな病気にも効くのですか?

A:泉力は病気を治す特効薬ではありません。現代人に不足しがちな栄素(ミネラル)を代用補充するものです。病気でお悩みの方は、個別にクリニックでの問診をおすすめいたします。

Q:市販のミネラル水との違いは?

A:一般市販のミネラル水は常量ミネラルと呼ばれるカルシウム,マグネシウム等、水に溶けやすいミネラルが含まれていますが、水に溶けにくい金属元素=微量元素はほぼ含まれておりません。何故ならば微量元素は水には溶けないからです。その水に溶けない微量元素(チタン・バナジウム・白金等)が重要だと云われております。超ミネラル水“泉力”には、水に溶けない微量元素を特殊な方法で溶かし、吸収しやすいよう完全にイオン化されたミネラル分がバランスよく含まれています

Q:偏ったミネラルの摂取はどうなるの?

A:ミネラルは総合的にバランスよく摂取するのが大切です。ミネラルには“拮抗作用”があり一つのミネラルだけ過剰にとり過ぎると他のミネラルの吸収を阻害又は排出し、逆にミネラル不足になる事があります。拮抗作用とはつの要因が互いにその効果を打ち消し合うように働く作用です。例えばリンを過剰に摂取するとカルシウムの排泄を促しその不足を招きます。そのカルシウムだけを十分に補完すると、今度はカルシウム対マグネシウムのバランスが失われて、マグネシウムの不足を招きます。即ち、どのミネラルでも適量を大きく越えて過剰に摂取すると、一般に他のミネラル類の吸収を妨げ、或いは体外への排出を促します。自然界にはミネラルにおいても何ひとつ無意味で不必要な物はないのです。ミネラルはバランスよく摂取することが大切です。

Q:他ブランドの超ミネラル水との違いは?

A:他社の製造方法・成分等が当方では詳細に分かりませんので一概に答えできません。